高卒の転職採用情報ナビゲーター

*

転職を成功させるための秘訣とは?

   

ブレた考えは必ず転職失敗する

 『二兎追うものは一兎をも得ず』という諺を皆さんご存じですか?この諺の意味は、欲張って2つのものを追いかけてしまうと、結局一つも得られないという意味ですが、転職活動においてもこのような考えを持ってしまい転職そのものを失敗させてしまう方がいらっしゃるようです。

 それもそのはず、本来目的があって転職活動しているはずなのに、気がついた時にはその時の気持ちを忘れてしまい、とにかく転職できれば良いと気持ちがブレてしまい、あれもこれもと手を出してしまっているのです。

 確かに多くのチャンスを得るために、なりふり構わず求人募集に応募するのは悪いことではありませんが、それは、転職目的がブレずに保たれていることが大前提で、どんなに譲歩する部分があったとしても、一貫してぶれていない部分が無ければ、特に高卒の転職は成功させにくくなってしまうでしょう。

 頑固一徹といえば、柔軟性に欠けているという印象が強くあまり好ましく思えませんが、時にはブレない気持ちが高卒の転職では大切だということを、高卒の転職希望者は忘れないでくださいね。

高卒の転職成功の最大の秘訣は?

 高卒の転職希望者が転職を成功させ希望通りの転職先から採用されるには、いくつか秘訣が存在します。その中でも最大の秘訣は、転職を考え始めた頃のブレない気持ちを持ち続けることにあると言えます。なぜこのようなことが言えるのか…その要因となるポイントをここにあげておきます。

★ココがポイント
・自分の意志がわからなくなり、何のための転職なのか分からなくなってしまう。
・採用担当者から自分の意見を言わない【イエスマン】として受け取られ心象が悪くなる。
・転職がゴールとなってしまい、入社後の仕事のモチベーションが上がらず支障が出る。

 やはり最終的に自分が何を求めて転職するのかブレずに維持し続けなければ、仮に転職先が決まったとしても、入社後仕事が手につかなくなり、最終的に再度転職するはめになりかねません。あなたは、どうしてもやりたい仕事や、キャリアアップ・待遇面・環境面などの理由で譲れないことがあるために転職を考えたはずです。

 その気持がブレてしまっては、目的そのものがはっきりせずに、採用担当者にも良い印象を与えることが出来ません。何よりも、企業側としても『この人は、雇用しても、入社後しっかり活躍してくれるのだろうか?』と不安になってしまうだけなので、当然採用を見送ります。

 ただですら高卒という不利な状況下にあるのに、余計に自分を貶める行為は、もはや自殺行為と言わざるをえないでしょう。そのような悲劇にならないように、まずは転職前の心がけ・準備として、転職するに辺り、絶対これだけは譲れないものを一つ決めておいてください。

 そして、一度決めたら絶対その意志を絶対曲げず、転職成功させるまで貫いてくださいね。皆さんが希望通りの転職を成功させられるよう祈っています。

 - 転職前準備

  関連記事

転職を決めるための自己分析

就職前と違うことを確認  転職となれば就職前と違って仕事の経験が存在します。転職 …

no image
転職に苦労する人の特徴とは?

高卒でも楽々転職を実現できている人  昔と違い、今の時代、転職希望の大半が大学卒 …

no image
転職に高卒も大卒も関係ない?

高卒の転職に躊躇必要なし!!大卒と大差がなかった高卒転職とは  『高卒は転職でき …

転職での企業分析

中小と大の違いを知る  企業を調べていくのであれば、まずは中小と大といった企業ご …

社会人なら体調管理を行うための正しい認識を持っておきましょう

仕事の時間と体調管理の時間  「体調管理をする時間がない」という人がいます。それ …

転職者に頻発する「この転職は失敗だったのか」という思いに対する処置

再転職はリスク大  転職者は、転職した後、大なり小なり「失敗だったかもしれない」 …

高卒で転職する時の計画とは

目的と道筋を定める  高卒での転職は難しいものではありません。しかし難しくないか …